RS FANTASY

りくそらたのファンタジー小説おきば。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
LOVE PAHNTOM第2章 ファントム-4-  
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

第2章 ファントム-4-

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


水の中へ飛び込んだジェイは、漂うアイシェの腕を掴み男から引き剥がす。
未だ体力が残っていると思われたが、水中でのラグナの圧力は相当なもので男の体力も限界に近く、引き剥がすのは思った以上に簡単だった。
アイシェを引き寄せると、その体を強く抱きしめた。

その瞬間。
外から伸びてきた小さな手によって、ジェイはアイシェごと水中から引きずり出された。
「っはぁ…っ!!!」
床に座り込み、派手に肩で息をする。
脇腹を押さえるとドクドクと波打つように血が流れた。
傷の痛みと呼吸もままならない状況に、頭がくらくらする。


「そんな体で無茶な事を」
ふたりを引きずり出した張本人リリが、呆れたように声を上げた。
「無理は承知だ…っ。
あのおっさん…、アイシェを殺す気か…っ」
「黙って。それ以上しゃべると傷口が開くから。早急に応急手当だけでも…」
そう言って伸ばした手を、ジェイは撥ねつけた。
「こっちが先だ。息、してねぇ…っ」
腕に抱いたアイシェの顔を叩く。
「────アイシェ!アイシェっ!!」
ぐったりしたまま返事がない。
「かなり水を飲んだみたいですね。それに、脈がない」
「くそっ!」
腕の中でアイシェの体は冷たくなり、どんどん色を失っていく。
このままでは意識を取り戻す事はないだろう。
早急にそれなりの処置をしなければならない。

「心肺蘇生術をしましょう」
「ああ。俺がやる」
「俺がって、できるんですか?」
リリが眉を寄せる。
「馬鹿にすんな」
ジェイはアイシェの体を床に横たえると、青ざめた口元を開き気道を確保する。
鼻をつまみ、大きく息を吸い込むとアイシェの唇を自分の唇で塞いだ。
初めて触れた唇は驚くほど冷たく、人としての生を全く感じられない。
それでも諦めず、ゆっくりと確実に息を吹き込む。
(────頼む!間に合ってくれ!!)
あばらに添って圧迫する箇所を探し、心肺蘇生を施す。
息を吹き返す事だけを祈りながら、正確に確実に。



「────っ、ごぼっ…っ!」



何度か繰り返しているうちに、アイシェが派手にむせ返り水を吐いた。
「────ジェイさん!!」
リリが弾かれたように顔を上げた。
手を当てた箇所に脈が触れる。
胸の膨らみがゆっくり上下する。
何度か激しい咳を繰り返してそれが落ち着くと、ぼんやりと瞳が宙を彷徨った。


「……ジェ…イ…?」
翠の瞳が、ジェイを捕らえた。
「大丈夫か?」
ゆっくりと背中を支えながら体を起してやる。
「…私…」
アイシェの顔がわずかにほころび、次の瞬間泣きそうになった。
知っている顔が近くにあることの喜びと安心感。
村からさらわれ、頼りにしていたジェイとは離れ、疑いもしていなかったエドに裏切られ、ここではひどい扱いを受けさぞかし怖い思いをしてきただろう。
胸中を考えると居た堪れなくて、その震える小さな体を思わず抱き寄せた。
「もう、大丈夫だ」
そうアイシェに告げた時だった。


「────限界だ!! 手を貸せっ!!!」
ジルが叫んだ。
その瞬間、男を包んでいた水球が裂け、辺りに水が広がる。
その量はかなりのもので、気を抜くと水圧に流されてしまいそうで思わず抱きしめた腕に力を込める。
「…がほぉっっ…!!! ……ゴホッツ、ゴホぉッ!!!」
水から開放されたローグが、派手にむせ返る。
かなりの疲労感は見られるが、命に別状はない。
男の体力が尽きる前に、ジルのラグナが限界に達したのだ。
普通の人間ならとっくに命が尽きた時間だ。
敵ながらその体力は天晴れだ。
「……貴様らっ…許さんぞっ…っ!!」
怒りの炎を燃やし、威嚇するように睨みつける男の顔は、先ほどとは随分違った形相で、物の怪のような凄まじさを感じた。
震え上がるアイシェを抱きしめ、懐にしまったダガーに手を掛ける。
いつでも懐に飛び込む覚悟は出来ていた。
アイシェも手元にある。
こいつさえ抑えられれば、あとは心配ないだろう。
そう思って握る手に力を入れた瞬間だった。

風を感じて。
一瞬そっちを振り返ろうとした時。
もうすでに男の背後に回ったリリが、首筋に短刀を突きつけていた。


「────覚悟してもらいましょうか?」



決着は思ったよりもあっけなかった。





>>To Be Continued
| LOVE PHANTOM 第2章 | 10:27 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 10:27 | - | - |
/PAGES

Others
Mobile
qrcode